お客様の声!第4弾!ありがとうございます。

明けましておめでとうございます! 本年もどうぞ変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

昨年末、更新以来、少し時間が経ってしみましたので、今更?のような感じでの新年のご挨拶となりましたが、時期的に、春節対策で最後の在庫確保に奔走している頃と思います。

弊社も年末に向けて、最後の追い込み、大量のご注文を頂きバッタバッタとオーダーも荷物もリズム良く捌いております。

というわけで、しつこいようですが、今年初のお客様からの嬉しいお言葉を頂きましたので公表させて頂きました。

前回は、スピードと今回は、検品という代行会社の生命線とも言える部門で喜んで頂けるのは、大変嬉しい事であります。

これらは、お客様に育てて頂いた結果であり、お客様に真摯に向き合ったスタッフや関係者全員の結果でもあります。まだまだ100点満点ではございませんが、120点が貰えるような、そんなサービスを提供できる代行会社になれるよう、今後も気を緩める事無く、頑張っていきたいと思います。

その為にも、新しいHPを準備しているところであり、その他新しいサービスを複数提供予定で、来年以降、順次発表させて頂きます。

中国輸入ビジネスも少しずつ状況の変化がありましたが、今後は大きく動く可能性があり、それに素早く対応して、コツコツ準備をされる方がやはり結果を残すんだろうなと思います。

それではまた!

 

 

お客様の声!第3弾!続々と頂きまして誠にありがとうございます。

本日が2016年、最終日となりましたが、今日も元気に営業しております。

ありがたいことに、続々と激励のお言葉を頂戴しております。本当にありがとうございます。

何よりもありがたく、更に良いサービスを提供しよう!とするモチベーションにも繋がります。

写真からも解りますように、弊社ではチャットワークをコミュニケーションツールとして採用しております。メールでは開かないと内容がわかりませんし、メールが他のメールと混ざったり、時系列に整理したり、何度も開けたり閉じたりと、時間の無駄です。

チャットワークを頑なに使わない代行会社もあります。それには理由があります。まあそれは、ここでは伏せておきましょう。ご縁のある方で、直接お会い出来た方には、そっと、お伝えしますよ。

チャットワークはデータも送れますし、オンタイムですから非常に便利です。

写真を見れば解りますが、toが3人いますね。全て、私を含め弊社スタッフです。

メインの専属担当者と、サブ担当者兼会計担当者、そして日本事務所の私です。

お一人のお客様に3~4人のスタッフで完全サポートします。オフィス会員はマンツーマン対応です。しかし、それ以外の弊社のシルバー・ゴールド会員は、日本語習得の弊社スタッフ1名が複数のお客様を担当するのですが、メインの担当者が対応し、同時に会計担当者も直接情報共有しながら、実務もサポートしまして、場合によっては、日本からもサポートするトリプルサポートです。

基本的にはメインのスタッフが対応しますが、手が塞がっている時は手が空いたスタッフがフォローし合い、スピードとチェック体制を万全に敷いておりますので、結果、対応力とスピードに高評価を得られたと思います。

今後も、お客様の要望になるべく応えられるよう頑張りますので、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

中国輸入ビジネスも刻々と変化しています。来年は大きな変化がありそうな予感がしています。コツコツ準備をして、対策された方のみが大きく飛躍し、勝ち残れると思います。

反対に、多くの人が退場を余儀なくされるのでは無いでしょうか。しかし、新しい手法も出て来ますので、自分に合った手法を見つける、或いは、開発出来ると良いですね。

来年も弊社にとっては、大きな飛躍の年になるよう、色々と戦略を考えながら、楽しみながら苦しみながらも、良い1年にしたいと思います。

皆様にとっても良い1年になりますように!

本年は、誠にありがとうございました!

 

 

 

ライブトレーディング お客様の声!第2弾 ありがとうございます!

弊社は12/31まで全力で対応させて頂きます!土曜日営業もさることながら、おおみそかも営業ってなかなか大変ですが、税関が動いている以上、休む訳にいきませんからね。

お客様第一と、言うのは簡単ですが、実際土曜日営業している所は少ないものです。土曜日営業すると、ブラック企業と言われるのはとんでも無い話です。給料未払いならブラックですが。

さて、今回もお客様からありがたいお言葉を頂戴致しました。本当に、感謝感激であります。特に他社からの乗り換えのお客様には違いをハッキリと感じて頂けているようです。普通に日本式で対応しているだけなのですが・・・。ただ、中国輸入が初めての方は、中国の商習慣について戸惑いや、固定観念が根強く、日本と中国では価値観や商習慣の違いについて、理解を深めなければ、成功とは無縁になってしまいます。

他国の地で商売をさせて貰っているのですから、その国の商習慣に従うのは当然ですし、自国の都合を持ち込むなら、価格やロットで相手に何らかしらのメリットを共有さえすれば、交渉は可能な場合が多いです。最終消費者感覚で卸業を営むのには無理があると言うものです。

しかしながら、弊社がクッションとなり、その国境の壁をなるべく低くする事、お客様のリスクを最小限に抑えるのが我々の仕事であります。

日本に居ながら、誰の助けを借りる事無く、中国の商品を卸価格で手に入れるのは不可能です。しかし、その不可能を可能に変える事が仕事だと思っています。

仕事効率や、実際法令上不可能な事はありますが。笑

それ以外で、弊社に今できる事は、なるべく対応させて頂いております。

創業2年目の、どちらかというと後発組みではありますが、後発にしか出来ないメリットを最大限活かしたサービスが、このお客様の声に現れていると思います。

後発組みのメリットとは何なのか、それは、中国輸入ビジネスの歴史にあります。

この不可能を可能にした代行会社は多くの日本の顧客にありがたがられました。当時は代行手数料だけでも23%とか、今では考えられない高額な手数料でしたが、約10年程前はハッキリ言って何でも高利益で売れてました。売り手市場だったのです。

不良品を送っても、不良品ロスとして計算しても多くの利益が残りました。やがて、中国個人輸入ブームが7~8年前に到来し、代行会社は殿様商売となりました。顧客にポイントを付与し、成績によって顧客をランク付けする代行会社も現れました。

その後、代行会社が乱立し、商品価格も競争によって低下の一途を辿りました。代行会社同士の競争も激化し、また、不良品による利益率の悪化が致命傷になり始めました。

一気に買い手市場となり、代行会社選びが成功・失敗を分け、代行会社のサービス競争になりました。古い体質の会社は、現地社員の怠慢やミスを制御出来ず、スタッフの総入れ替え等、克服出来た会社もあれば、そうでも無い会社が混在しています。

弊社は後発の為、今の買い手市場をはっきり理解し、現在のお客様の求める基準からスタートしている分、社員教育に於いても、先発組みの先輩よりも、サービスや対応力でアドバンテージがあると感じています。

ガッツリ宣伝になってしまいましたが、すいません笑

創業開始は約100平米弱の小さな事務所から、5カ月後には1500平米の事務所に移れた事、現在関連施設合わせて4600平米以上になった事、アクシデントもありましたが、皆様のお陰で急成長させて頂いております。ありがとうございます。来年以降も、全力でお客様の対応をさせて頂きます。

実は明日も新しい関連施設がオープンします。皆様にお伝え出来る日が来ましたら、ご案内させて頂きますね。

それでは、また!

お陰様で、好評!頂きました笑・・・お客様の声シリーズ1

いよいよ、年の瀬・・・2016年も数える程になりました。

弊社のスタッフも非常に良く頑張ってくれておりまして、お客様からのお礼の一言が大変嬉しく、大変励みになっております。

以前から、ちょいちょい激励の文章等頂いておりましたが、最近は良く見掛けるようになりましたので、その一部をご紹介させて頂きたいと思います。

 

非常にありがたいですね。問い合わせのお客様で、やはり多いのが対応スピードについて。ただ、早いだけでは無く、正確さと、検品精度が求められます。スピードと言っても、総合力ですよね。いくら早くても、売り物にならないような物を送っていては話になりませんからね。

ただ、店舗の対応や、税関の混み具合によって、到着日数は変化します。弊社では、当日届いたものは当日、詳細検品や、到着時間によって、遅くとも翌日には出荷しています。せめて、弊社の活動領域に於いては最速で出荷を心掛けておりますが、店舗選びや、運送会社選びはお客様の判断になりますから、それらも、スピードに大きく関わります。時期によっては通関も混雑しますので、遅延の原因となります。余裕を持って、発注頂ければ問題無いのですが。笑

特に初心者に於いては、一番安い店舗を選びがちですが、返品や不良品のみを買い取って安く再販している店もあります。簡易検品で発見出来れば、返品交渉をして返品、再送されたのも不良品なんて事もありますから、安物買いの銭失いどころか、時間失いです。返品を受け付けない店舗もありますし、詳細検品で無い場合は、確実に不良品を発見出来ません。安い店舗から発注するのはトラブルの元です。しかし、公式が当てはまらないのも中国の神秘的なト・コ・ロ!笑

過去には、一番安くて一番品質が高い商品もありました。まず有り得ないですけどね。ですので、まずは、一番出荷量の多い店舗を選ぶ事、そして、選べるなら弊社事務所に近い立地の店舗を選ぶ事です。

品質が良くてリピートするなら、同店舗でリピート&別の安い店舗で少量テスト発注!発注数量が違うので、混ざっても品質が違ってれば、どちらの店舗かわかりますし、同じ品質なら当然安い方が良いですよね。

中国内送料をケチっていては、良い店は開拓出来ません。1つの店舗でず~と発注していて、いきなり品質が変わった、在庫が切れた、ページが無くなった等の場合、どうしますか?

また、新しい店舗を探さなければなりませんよね?その時の損失の方が大きい訳です。多数の店舗と取引していて、1店舗が在庫切れた場合、他の店舗も在庫切れになる可能性が高いとすると、買い占め戦略も取れます。OEMで制作に入れば、その後、独占の可能性もありますね。工場は再生産する場合、コストダウンの為に品質落としてくる場合も良くありますから、在庫切れはOEMの大いなるチャンスです。

なぜ、在庫が切れるのか、どうして、いきなり品質が変わるのか、中国の独特な商習慣事情を知る事で、チャイナリスクから無縁の安定したビジネスに繋がるのです。

それでは、また!

EMS値下げ!業界最安値更新!最大15元/kg !30kg⇒450元

日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。

弊社では多数の運送手段を提供させて戴いておりますが、
その中で、EMSの運賃について、更なる値下げのお知らせです。

20kg以下はEMSでの配送が運賃も安く、利用される方も急増しておりますが、
EMSより、1年間の出荷要求を満たし、期間限定ではありますが、更なる値下げ交渉に成功しました。

偏に、皆様のご利用の賜物であり、弊社の急成長を支えて下さるお客様への感謝の気持ちを込めて、
大幅値下げを実施させて頂き、利益の還元をさせて頂く事となりました。
baidu-ime_2016-12-21_19-22-0

春節開けには、EMSの来季価格改定を控えており、今回の大幅値下げキャンペーンは、
春節入りまでとさせて頂きます。来季のEMS価格にもご期待下さい。

それでは、皆様の更なる発展を願いまして、EMSのご利用をお待ちしております。

というわけで、これまで、OCSで101kg以上で15元/kgでしたが、EMS21kg以上で、同じ15元/kgという激安運賃を提供出来るようになりました。

101kgまで荷物を溜めなくても、買付け予算が少なくても15元/kgで発送出来るのは凄い事だと思います。

ただ、納期については、EMSしか扱ってない代行会社もありますし、日本に住む多くの中国人の方がEMSを使うので時期的に混む時期であり、納期に余裕がある場合等、使い分けするのが良いでしょう。

義鳥以外の、特に南部から発送されている方にとっては有り得ない運賃だと思います。

来年初旬には、新しい運送ルートが確立されるという情報も入ってます。詳しくはまだ言えませんが、納期も運賃も更に圧縮出来る可能性が出て来ました。今や船便より航空便方が安いという逆転現象が発生しています。商品にもよりますが、流通ルートによって、利益の出し方も変わってきます。面白いですよね!

来季の為に、業界初の新しいサービスを多数準備中です。
まだ言えませんが、中国のみならず、日本国内の設備投資も積極的に拡充しています。これによりぶっちぎりの利益率を確保して頂く予定です。ご期待下さいませ。

弊社は今季、多くのお客様を受け入れるための基盤造りに奔走して参りました。お陰様で、各運送会社より最大の割引率を獲得し、老舗の大手代行会社と同じか、それ以上のランクを獲得しましたので、お客様に還元し、提供させて頂いております。

来季はより多くのお客様に稼いで頂けるよう、業界初のサービスを最低でも5つ以上用意しています。他社には到底真似できない独自性のあるサービスでお客様のライバルを駆逐し、より多くの利益を積み上げて頂くサービスです。本当は、今すぐに発表したいところですが、バッチリ準備してから発表させて頂きます。

それでは、今後共どうぞ宜しくお願い致します。



EMS送料大幅値下げキャンペーン!間もなく発表!

2016年も。。あと僅かとなりました。年末商戦如何でしょうか?乗り遅れた方が今すぐ出来る事は、各販売チャンネルで、しっかりデータ分析を行って、来年の年末商戦に備えましょう!1年はあっという間です。

前回記事で取り上げさせて頂きました、弊社の商品撮影代行サービスですが、大変好評を頂いております。ありがとうございます。おかげさまで、撮影枚数も毎週増えております。

まだまだキャパはありますので、ガンガン発注頂ければと思います。弊社事務所のフロア内にスタジオを構えておりますので、納期を遅らせる事無く、写真撮影を同時並行で進める事が可能です。(混雑時は例外もあります)

写真撮影代行のライブトレーディング26058407547342065800057249674717181

特にアパレル商品では、スチームアイロンを掛けて、シワを伸ばしてから、マネキンに着せて、1枚1枚。。丁寧に撮影を行います。写真撮影と言えども、商品置いて、シャッター押すだけでは無く、商品のコンディション管理や、依頼者とのヒアリング、光量の調整、撮影画像の編集や管理・発送に至るまで多くの手間が掛かっております。依頼者はその手間と、高額な機材も不要で、弊社の会員様には安価な料金で利用して頂けます。

更には、高品質なアマゾン写真規定に沿った写真ですし、タオバオ写真を使っていては、すぐに相乗りされてしまいますから、費用対効果は抜群です。

中には、スマホで撮って、写真撮影代行を謳っている業者もありますから、ご注意下さいね。

さて、ようやく本題ですが、弊社も設立から1年を経過し、順調に急成長させて頂き、感謝しかありません。取り扱い量も毎月倍々と増えて行きまして、スタッフもどんどん増員し、スピードとクオリティを保つ努力をしてきました。

これまで、目立った広告を打って来てませんでしたが、口コミで拡げて頂き嬉しい限りです。

弊社では多数の運送会社と業務提携をさせて頂いておりますが、特にOCSやEMS等の定価よりも大幅な割引料金を会員様に提供させて頂いております。割引率は老舗や大手代行会社と変わらない最高ランクの割引率を獲得しています。

今回、EMSとの業務提携に於いて、1年間の出荷要求をクリアし、EMSから更なる割引を引き出す事に成功しましたので、期間限定ではありますが、お客様に利益還元の一貫としまして、春節入りまでの間、キャンペーン価格を近日、発表させて頂きますので、ご期待下さい。20kg以下はOCSよりも安価でしたが、更に安くなります。期間限定というのは、春節明けには来年度のEMS料金改訂を控えている為です。

それでは、春節に向けて、在庫確保頑張りましょう!混雑が予想されますので、春節入りまでに、余裕を持って40日分の在庫を確保される事をお勧め致します。

 

通販用写真撮影スタジオ完備の代行会社を選べば、メリット山積み!!という現実

すっかり肌寒い季節となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

既にこの気温ですから、日本列島、アパレル商品が動く季節になりましたね。肌着に始まって、シャツ、トレーナーやパーカー、ジャケット等、単価の高い商品が売れるのも追い風ですね。

アパレルと言えば、ユニクロを初め、GUやしまむら等、多くのファスト・ファッションメーカーが展開し、日本国内どころか、世界で大きな収益を上げているのは、ご承知の通りです。莫大な市場がそれを支えています。

服はどちらで購入しますか?やはり、試着の出来る店舗で買われる方が圧倒的多数と思われます。試着や買い物そのものも楽しみの一つと思います。

しかし、ネットで購入する方も、日本全国津々浦々、大きな市場が残されています。

本当は店頭で試着したいけど、気に入ったのが無かった、又は時間が無い等、何らかの理由があるはずです。いち早く自分の商品が見つけてもらえるような仕掛けと、買い物を楽しんでもらえるような、サイズ展開やカラバリ等が重要になります。サイズ感や質感等のレビューがあるとさらに安心ですね。如何に消費者の不安を打ち消して、購入に繋げて行くかが鍵となります。

販売ページの写真を使う事は、簡単に相乗りを許してしまうことになりますから、出来るなら、独自に写真を撮影して使う方が良いですよね。しかし、高価な機材と、プロのテクニックが必要になります。それなら、代行会社に撮影してもらった方が安上がりなはずです。

中にはスマホで撮影して料金を請求する代行会社もありますので、良く調べましょうね。

殆どの代行会社が、外部のスタジオに外注していますが、弊社では自社内にスタジオを完備し、プロ・カメラマンを常駐させています。商品の移動が無いので、納期短縮になりますし、破損、汚れや紛失の可能性も低くなります。

弊社内スタジオのメリット
①納期が速い ⇒商品到着後、即日撮影⇒即日発送&写真納品完了(※混雑状況によりますので、最短の場合)
共同スタジオの場合は最短3日掛かっておりました。
②写真(原画)の流出の心配が無い。弊社内でワンストップとなります。写真の掲載には、自社ブランド名等、加工をお勧め致します。
③Amazonの規約に沿った撮影を行います。画像サイズや、白抜き加工等、編集してお渡し致しますので、手間も掛からずスピーディに出品作業が可能です。
④弊社内にスタジオがあるので、カットの追加や修正が容易で、OEM作成したタグやトルソー撮影にも対応しています。

★撮影料金 (トルソー利用料金無料)
1枚12元
2-5枚セット40元
6-8枚60元

義鳥現地事務所に日本人スタッフが駐在しています。

またまたご無沙汰してしまいましたが、如何お過ごしでしょうか?

イベント続きで、ガンガン売上げを伸ばしておられる事と思います。

弊社でも、日々忙しく対応させて頂いており、ありがたい限りです。

先月末より、日本人スタッフの現地駐在が実現しました。元々日本語能力の高いスタッフのみで運営しておりましたので、特に変わった事もありませんが、日本品質検品の精度の向上や、微妙なニュアンス等、伝わり安くなったかな?と思います。日本窓口に日本人が対応(当たり前!)して、現地にも日本人が駐在している代行会社は、実は数える程しかありません。殆どがバーチャルオフィスです。表向きと実際は全然違いますからね。怖いですね。

そしてそして、弊社内にスタジオを設けました!という記事は以前書かせて頂きましたが、実は初回に雇用したプロカメラマンの腕がイマイチ。。。という事で即刻解雇となり、写真撮影はやはり以前から外注していた業者に振り直しました。が、今回遂に!皆さんお待たせしました!!っといった感じの凄腕プロ・カメラマンの採用に成功しました!

サンプル写真は後日、公開する予定です。

写真撮影のために、荷物が止まりません。これは大きなアドバンテージになると思います。その他、数々のアドバンテージを準備中ですので、もう暫くお待ち下さいませ。

ハロウィン商戦はもう落ち着く頃と思いますが、シングルデーやクリスマス、年末商戦を乗り切って、一息つく間もなく、旧正月に突入するので、在庫確保に奔走する事になりますね。

長期休みに入りますので、資金力が重要になります。今から助走をつけて一気に駆け上がりましょう。やはり皆さんギリギリに注文されますから、どのルートも混み合います。特にEMSはなかなか動きませんので、注意が必要です。中国税関で止まればもう、最悪ですからね。

また、中国税関で禁輸品が見つかれば、その前後の荷物片っ端から、発送元に返却されたりします。罪の無い荷物であっても関係ありません。こういう理不尽でイレギュラーな事がたまにありますので、早め早めの発注をお願い致します。これが中国輸入ですので、我々もそのギャップを埋めるべく奔走しておりますが、どうかキレないで下さいね笑

OCSは通関トラブルが無い限り、高速道路のように順調に流れております。是非、お試し下さい。

話は変わりますが、最近怪しいしょーもないビジネスが沢山出てきてますね。開発者の名前で検索したら袋叩きにあっているようなアプリや、ソフトなど、あれこれ手を出さないで、集中しないと稼げないのが中国輸入ビジネスですので。

そもそも、儲け話しを人に話しますか?普通、一人占めしますよね?一般公開しますか?開発者の意図を考えれば、解ると思いますが、毎日5分でとか、放ったらかしでOKとか、そんな手が掛からないんだったら、人を雇ってでも一人占めしますよね?それをしないのは、再現性が無い、あるいは人を雇うと赤字になるからです。それほど儲からないわけです。だから、詐欺教材として一気に売り捌いた方が儲かる訳です。

かなり脱線しましたが、中国輸入ビジネスの最初のゴールは現地オフィス社員を雇う事です。

現地オフィス社員を雇う事ができれば、かなり違った戦略が取れたり、幅が広がります。そこまで行くと、少し休憩しても、収入は変わらず、もしくは上昇する事でしょう。

中国輸入ビジネスほど、幅広く、深いビジネスは無いんじゃないかな~って最近良く思います。市場は世界全域ですし、輸出もアリですからね。どなたにもチャンスはあります。

ただ、これからどんどん高度化していきますので、誰でも稼げるという時代はそろそろ終焉を迎えるかな~と思います。正しい知識を身につけて、しっかり稼いで逃げ切りましょう!

 

ライブ・トレーディング日本事務所が移転しました。

すっかり涼しくなりましたね。

中国は国慶節真っ只中で、連休中となります。

現地とのやりとりができませんので、商品リサーチや代行会社乗り換え等、普段なかなか出来ない事に集中出来ますね。

弊社日本事務所は愛媛という田舎ではありますが、事務所の引越しをしておりました。

中国輸入代行会社は沢山ありますが、日本窓口の無い会社もありますし、あったとしても、ペーパーカンパニーだったり、レンタルオフィスの住所貸しだったり、その住所に行っても、無人の借りっ放しだったりと、ほぼ実態の無い会社が大半を占めます。もちろん、他にもちゃんと日本窓口担当者が居る会社もありますが、電話をすれば、ほぼ日本語が通じない中国の方だったりもします。

弊社はちゃんと、法人として日本国内に登記をして、事務所と窓口がありますのでご安心下さいね。

さて、ハロウィンの仕込みもほぼ落ち着いた頃と思いますので、次はシングルデーですかね。11/11は独身の日と言って、タオバオを始めとする世界中のプラットフォームが安売り合戦を行います。今年はアリババグループだけで20兆円以上の売上を記録するのではないでしょうか?1日だけの売上ですからね。

安く買える場合もあるので、その日に狙って発注掛けるのもいいかも知れませんが、しかし、11/11に値上げするショップも中国輸入あるあるですよね~笑

定価を値上げして、実売価格はそのままなんていうのもありがちです。に日本でも楽天市場で問題になってたセールの仕方です。

日本では問題になりましたが、中国では問題になりません。良く調べてから購入しましょう!

さて、国慶節を開けての営業再開日は、10/8の土曜日からです。楽天銀行をお持ちで無い方は、10/7迄にデポジット入金しておくか、10/10の祝日の翌日、火曜日まで入金確認ができません。3日出遅れる事になりますので、paypal決済か、楽天銀行からのご入金ですと、即日入金確認が出来ます。

また、楽天銀行口座をお持ちで無い方は、2週間程度掛かりますが、是非作っておいた方が良いかと思います。

事務所も移転しましたので、中国輸入のコンサル生も募集しようと思います。詳細はこれからという所ですが、思うように稼げないとお悩みでしてら、是非ご相談下さいね。初心者でも稼げるのはあとほんの数年だと思っています。

それまでに、それなりのポジションを築いていないと、これまでのようにチョロく稼げなくなります。本格的なOEMや特殊流通ルート、特殊な手法を使わないと、稼ぎ続けるのは厳しいと思います。

それでは、また!

 

 

 

 

弊社なら全ての会員様に担当者が付きます。しかも2名のスタッフが付きます!

さて、中国ではiphone7の専用ケースの製造が本格化しています。発注も多数頂いており、ありがたい限りです。

10月初旬は中国の国慶節という大型連休があります。約1週間ありますが、連休明けに発注しても、到着は約1週間です。休みを延長するショップもありますし、連休明けは荷物か急増しますので、税関が混雑するのは毎年の事です。ですので、ざっと、3週間分は在庫持っておかないと、在庫が切れてしまうという事になります。来週当たりから、発注も駆け込みが予想され、税関でも混み合うと思います。

駆け込みギリギリですと、中国税関で荷物が止まったままなんてのは、避けたいですよね。是非、今週中に最終のご注文をお待ちしております。

本題ですが、弊社では創業当初から、1名のお客様に対して、シルバー会員・ゴールド会員に関係無く、担当者制で、2名の現地スタッフが対応しています。

全ての会員様に、メインの担当者1名(女性)とサブ担当者(男性)の2名の現地スタッフが対応しています。アパレルや情勢向け商品は女性が得意ですし、機械的なものや、金型等のOEMであったり、Bluetooth関連商品等の電波法書類取得等、男性の方が得意な事もありますので、このような体制でサポートさせて頂いております。

また、どちらかが席を外している際にもう一人が対応出来る場合もあります。

巷では、直接中国人パートナーと取引きする手法が流行っているようですが、タダでやってくれるなら、それも有りでしょう。同じ手数料払うなら、どちらがいいのでしょうか?対個人なのか、対業者なのか?当然個人の方が小回り効くと思います。

しかし、小回り効き過ぎて慣れたら、手数料も上げてくる事も良く聞きますし、業者は競争が激しいので、手数料を上げるのは難しいものです。先日もパートナーを解消して弊社に登録された方がおられました。要はパートナー次第ですね。

個人でも良い仕事される方も確かにいらっしゃいます。弊社も負けないように良い仕事をしたいと思います。

またまた、話は変わりますが、中国輸入はもう遅い?等ご質問を頂く事が多くなりましたが、そんな事はありません。小遣い稼ぎ程度、副業レベル・コンテナ等商社レベルでも、まだまだ市場は残されています。ただ、どんどん高度化しているので、誰でも簡単に稼げるとは言えなくなってきたと思います。正しいノウハウを身につけてれば良いのですが、自己流で稼げるほど甘くはありません。

5年程前ならレートは13円程度でしたし、何を仕入れても売れていた時代がありましたが、今はそうではありませんよね。

では、5年後もこのまま、稼げるのか?という質問に対しては、それは難しいと思っています。恐らく状況が変わると肌で感じています。今のうちにやれるだけの事をやって、オフィス社員獲得やブランディング(OEM&販路)、コンテナ輸入まで辿り着く等、一定のポジションを築かないと、利益率が低過ぎる等、厳しい戦いを強いられると考えています。

今の状況でも、中・上級者の方なら、稼げる商品は山ほど見つかるはずです。

今のうちに、集中してポジションを獲得しておきましょう!ポジションさえ獲得出来れば、世界のAmazon販売や対中輸出にも挑戦出来る土台が出来上がっているはずです。

更なるステップアップが待っています。

まだ時間は残されています。